相続の問題

ぼんやり上を見る女性

資金贈与を親族間で行なうことによって相続税を節税することも可能です。相続の手続きをするときにはしっかり要件を確認しておくことが必要です。条件を満たさなければ適用を受けることは難しくなります。

Read more

節税のために行なう

髪がなびいている女性

節税をするために非課税制度の手続きを行なう人も多いですが、いくつかの注意点があるのでそれを把握した上で制度の手続きをしなければなりません。また相続人でない人は適用をすることができません。

Read more

業者に相談をする

マッサージをする女性

弁護士に離婚相談をするときにはまず電話で予約をしてから足を運ぶようにすると良いです。離婚相談は限られた時間内で話さないといけないため、事前にメモを取っておくと話がスムーズに進みます。

Read more

相続税について

お腹を測る女性

相続税は分割で納付することが認められています。これを延納と言います。相続税も他の税金と同じく、納付期限までに一括で支払うことが求められます。しかし、一度に課税される金額が大きいことから、延納制度が存在しています。 この制度の適用を受けるには、要件を満たしている必要があります。申請も必要になります。必要事項を記載した延納申請書、不動産に関する明細書などが必要となります。また、納付が遅れるということで担保を求められます。それに伴い、担保提供関係書類の提出が必要となります。担保の種類によって提出する書類が異なるので、注意が必要です。 提出期限は、相続開始を知った日の翌日から10月を経過する日となります。相続税の申告書の提出期限と同じです。適用を受ける際は、一緒に提出してしましょう。

延納で支払う際は、利子も支払うことになります。ですが、国としては一括で支払ってもらえる方がありがたいと考えています。そのため、延納は誰でも利用できるものではなく、利用できるのは一部の者に限られます。 金銭で一括納付をするのが難しい状況にあると認めてもらう必要があります。納期限において有する財産で納付してしまうと、生活・事業が厳しくなるというくらいでなくてはなりません。本当に厳しい者のみ適用を受けられるのです。 ただ、納付する相続税の一部について延納を受けるということも可能です。全体で申請して、結果、一部のみ延納を認められたというケースもあります。納付が厳しいという方は、却下を恐れずに、積極的に申請してみるのが良いでしょう。